東京都のスポット

競馬場から始まる夏花火!東京競馬場花火大会

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@hirokazu.sby)です。

知る人ぞ知る、東京競馬場花火大会。足立の花火と同じく、東京の夏の始まりを告げる花火大会の一つでもあります。

そんな東京競馬場花火大会をながめてきたので、写真とともに紹介していきたいと思います。

東京競馬場花火大会とは

東京競馬場花火大会は東京都府中市にある東京競馬場で開催される花火大会で、おおよそ毎年7月上旬頃に行われます。

※2018年は7/8(日)に開催が決まりました

打ち上げ時間は30分間と夏の花火大会の中では短いものの、6000発とかなりの高密度で打ち上がるため、なかなか迫力のある花火大会です。

この東京競馬場花火大会はもともと府中市民のための花火大会という位置づけになっているためか、ウォーカープラス等の花火情報サイトや雑誌に掲載されないのが特徴です。

しかも、開催日は直前(おおむね2~3週間前ぐらい?)まで分かりませんので、ちょっとマイナーでミステリアスな花火大会だったりします。

僕も数年前に写真仲間の友人を通じて知ったのですが、口コミや偶然インターネット上で見つけたとかでもなければ、あまり知る機会もないかと思います。

もっとも最近はインターネットが普及したので、割と簡単に情報が入手できるようになりましたがw

写真で見る東京競馬場花火大会

さて、まずはいきなり競馬場の広い敷地を生かしたワイドスターマイン!GⅠのファンファーレとともに打ち上がります。

写真は会場外からのものですが、ファンファーレの音とともに花火を楽しむのであれば、競馬場内での観覧の方が俄然楽しめます。

その後も夜に咲く花火(単発、スターマイン)が競馬場から次々と打ち上がります。

富士山をイメージしたような花火も打ち上がります。

打ち上げ開始が日の入り直後ということもあり、天気が良ければブルーアワーと花火という組み合わせが拝めます。

これも東京競馬場花火大会の面白いところですね。(開催がおおむね梅雨時期なので、見られたらラッキーなぐらいで考えておくと良いと思います)

そしてクライマックスでは、怒涛の打ち上げラッシュ!

わずか30分で6000発という怒涛の花火!

府中市民のハートをがっちり掴む、なかなかに素晴らしい花火です。

開催日について

先述したとおり、東京競馬場花火大会は開催日も毎年日程が決まっていません。

発表も開催日のおおよそ2~3週間前とわりと直前に発表されるケースが多いです。

参考までに、過去の開催日については次の通りです。

  • 2006年 中止
  • 2007年 8/26(日)
  • 2008年 7/27(日)
  • 2009年 7/26(日)
  • 2010年 7/25(日)
  • 2011年 中止
  • 2012年 7/22(日)
  • 2013年 7/21(日)
  • 2014年 7/20(日)
  • 2015年 7/12(日)
  • 2016年 7/10(日)
  • 2017年 7/9(日)
  • 2018年 7/8(日)←New

(参考:府中競馬場の花火大会2016日程!東京競馬場の混雑とアクセスについて)

おおよそ、7月中旬もしくは下旬の日曜日に開催されることが多いようです。

また、過去の日程から判断するに、海の日を含む三連休は避ける傾向があるようです。

まとめ

東京競馬場花火大会は全国的にも珍しい、競馬場から打ち上がる花火大会。

30分間で6000発という高密度での打ち上げ、競馬場の広い敷地を生かした怒涛の花火は迫力バツグンです。

夏の始まりに、ぜひ東京競馬場花火大会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

[custom-related-posts title=”関連記事” order_by=”title” order=”ASC” none_text=”None found”]

関連記事