プロフィール

本日はおーわさんのカメライフ手帳へお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

ここではおーわさんのカメライフ手帳とはどのようなサイトなのかについて、中の人はどんな人なのかについて簡単に紹介していきたいと思います。

おーわさんのカメライフ手帳について

写真撮影や購入した製品のレビュー、カメラブログ運営などを通じて得た知見や知恵などをコンテンツ化したブログサイトです。

早い話がおーわさんのおーわさんによるおーわさんのためのカメラライフ備忘録…ゆえに、このブログのターゲットは過去(おおむね二十歳ぐらい)の僕自身です。

おーわさんのカメライフ手帳はいわば「自分宛ての手紙」ですが、もしかすると僕と似たような課題や悩みにぶち当たった方がいるかもしれない…ということで、インターネット上に公開しています。

2015年12月より運営開始。

おーわ(Hirokazu Shibuya)について

おーわ(澁谷 央和  – しぶやひろかず)

1985年神奈川県座間市出身、現在は埼玉県南部在住の写真家、ライター、システムエンジニア(表向きの裏稼業)。

表向きの裏稼業でシステム屋としてフルタイムで働きつつ、写真を撮ったり、あちこち出かけたり、コンテンツを作ったりしながら生きています。

略歴

あれこれ書くのも面倒なので、ざっくりと表にまとめました。

年月 できごと
1985.08 神奈川県座間市で爆誕。(程なくして横浜市内へと移り、以降およそ25年間を過ごす)
2002.05 当時組んでいたバンドの公式サイトを製作。(当時はまだWordPressとかはなかったので、HTMLベタ書きでした)

Webサイト制作デビューをきっかけに、現在に至るまでいくつかのコンテンツを運営することに。

2004.03 CASIO EX-Z30というコンパクトデジカメを購入。

これが現在に至るデジタルカメラライフの礎となる。

2004.04 神奈川県内の大学へ進学(情報系の学部)。

進学と同時に軽音部へ所属するも、集団行動になじめずに4年生を待たずにドロップアウト。

2008.04 大学院へ進学。
2008.08 初めての青春18きっぷ旅行(西日本+信州方面)を友人3名と敢行。鉄道旅の楽しさを知る。
2009.08 2度目の青春18きっぷ旅行(東北・北海道)を敢行。
2010.03 一人卒業旅行と銘打って、3度目の青春18きっぷ旅行(九州一周)を敢行。

一人旅の魅力にハマる。(これ以降の18きっぷ旅行はすべて一人旅となる)

2010.03 大学院修了。
2010.04 通信系企業に入社。
2010.04 初任給を片手に一眼レフカメラデビューに向けて新宿の某家電量販店へ突撃した結果、店員さんに騙され勧めらたPENTAX K-xを購入することに。

波乱の(?)一眼カメラデビューとなる。

2010.05 埼玉県さいたま市で一人暮らしデビューを果たす。

外食をあまりしない性分だったこととあり、意外と手料理にハマる。

2010.08 3度目の青春18きっぷ旅行で札幌方面から旭川および宗谷地方をめぐる。

北海道が「試される大地」だと知ったのもこの頃だったはず。

2011.01 職場がまさかの19連休となり、4度目の青春18きっぷ旅行で名古屋→山陰地方→岡山をめぐる。
2011.04 大阪へ転勤(扱いとしては長期出張だったらしい)。

仕事はさておき、京都が近くなった喜びを感じながら4年強を過ごす。

2011.07 4度目の青春18きっぷ旅行で札幌から根室を目指す。(大阪から札幌まではトワイライトエクスプレス利用)
2012.03 5度目の青春18きっぷ旅行で紀伊半島をめぐる。

この旅行をもって、18きっぷ旅行はいったん完結とすることに。

2015.07 東京へ復帰するも、配属3日目ぐらいで働き方に疑問を感じるようになる。
2015.12 好きなことを文字と写真でカタチにしてみようという想いから、写真系雑記ブログ「Hiro SBY Photo & Life」を開設。
2018.01 ブログ名を「おーわグラフィー」に改名。併せてURLも変更。
2019.04 おーわグラフィーを二つのブログに分割&移転。

カメラ系のコンテンツを「カメなれっ!」に、その他のコンテンツを本ブログとして運用開始。

そんな感じで、中の中ぐらいの人並みの人生をのらりくらりと生きている感じでしょうか。

SNS

以下のSNSもやっています。よろしければフォローしてやっていただければ幸いです。

Twitter

写真やカメラのことを中心に日々つぶやいています。ブログの更新情報もこちらでご覧いただけれます。

@mof_mof08

Instragam

写真作品を投稿しています。2つのアカウントがあり、すべてフォローしていただくのが個人的におすすめです。が、どちらか一つでも泣いて喜びますw

メイン:@hirokazu.sby
ダンボー:@hirosby_with_danboard

フォトコンテスト受賞歴