東京都のスポット

美しく燃ゆる森!夕暮れ時の水元公園「メタセコイアの森」の紅葉

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

12月に入るとモミジやイチョウといった木々の多くが紅葉シーズンを終えますが、実は12月上旬~中旬頃にかけて紅葉を楽しめる木があります。

そう、みんな大好きメタセコイア(和名:アケボノスギ)です。

メタセコイアの紅葉を楽しめるスポットといえば滋賀県高島市にあるメタセコイア並木が有名ですが、実は東京都葛飾区にある水元公園でもメタセコイアの森で紅葉を楽しむことができるのです。

美しく燃ゆる森!水元公園「メタセコイアの森」の紅葉

都内唯一の水郷公園として知られる水元公園では、秋になると園内各所で紅葉を楽しむことができます。

その中でもおすすめなのが「メタセコイアの森」で、紅葉のピークを迎えると森全体が美しい橙色に染まります。(おおよそ12月上旬がピーク)

夕暮れ時のメタセコイアの森(水元公園「メタセコイアの森」にて撮影)

夕日が差し込むメタセコイアの森の美しさは、元のオレンジ色と相まってとにかく半端ではない美しさ!

とても東京23区内とは思えない光景です。

12月中旬ぐらいになるとメタセコイアの落葉によって地面がオレンジ色に染まりますが、そのタイミングで訪れるとまた違った雰囲気を出してくれますよー。

晩秋を題材にしたポートレート撮影やブツ撮りも楽しめます。

メタセコイアの紅葉とダンボーたち(水元公園「メタセコイアの森」にて撮影)

水元公園へのアクセス方法

アクセス方法詳細:アクセス・駐車場|水元公園|公園へ行こう!

JR金町駅、京成金町駅から公園沿いを走るバスも運行されていますが、こちらは季節運行(3~11月)のため、メタセコイアが見頃を迎える12月上旬~中旬には走っていませんのでご注意ください。

まとめ

秋の紅葉というとモミジやイチョウが注目されがちですが、メタセコイアの紅葉も風情があります。

東京近郊にお住まいの方は、ぜひ水元公園の「メタセコイアの森」で紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ビルだらけの印象がある東京23区とは思えない別世界が体験できると思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

関連記事