埼玉散歩

埼玉が誇る絶景!新緑あふれる長瀞渓谷が美しすぎる件

皆さん、おはこんばんちは。埼玉県非公認観光大使のおーわ(@mof_mof08)です。

春(初夏)の被写体といえば…そう、新緑ですねー。

そして、埼玉県で新緑を楽しめるスポットといえば、何といっても長瀞町にある長瀞渓谷でしょう!

新緑とともに岩畳や親鼻鉄橋を通る秩父鉄道線は初夏を楽しむのにもってこいの場所です。

長瀞渓谷の新緑が美しい!

長瀞渓谷は埼玉県立長瀞玉淀自然公園にある、全長およそ6kmに渡って荒川沿いに続きます。

それではさっそく歩いていきましょう。

岩畳

秩父鉄道 長瀞駅から東へ徒歩約5分。そこには埼玉県が誇る絶景、岩畳があります。なにしろ駅近で絶景が拝めるわけですから、たまりません(●´ω`●)

新緑の長瀞渓谷(PENTAX K-1 + HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR)

 

 

 

おおお!これは素晴らしい!!(*´ω`*)

 

 

 

ちなみに、岩畳の合間に沿って流れる川は、東京都民と埼玉都民におなじみの荒川です。

この長瀞渓谷は荒川の上流に位置するのですが、多くの人が都心で目にする荒川とは、雰囲気がまったくもって違います。本当に同じ荒川なのか、真剣に疑いたくなるレベルの絶景ですw

さて、長瀞といえばやっぱりライン下り!新緑のシーズンには岩畳をぬうようにライン下りを楽しむ方々を多数見ることができます。

長瀞渓谷 岩畳の新緑 初夏のライン下りを楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町) 長瀞渓谷 岩畳の新緑 初夏のライン下りを楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町) 長瀞渓谷 岩畳の新緑④ 初夏のライン下りを楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町)

これぞ、初夏の長瀞!と言わんばかりの光景ですねー。

長瀞のライン下りは二つのコースがあり、岩畳を通るコースは全長3kmの比較的穏やかで短距離なコースとなっています。

そそ、ちっちゃいダンボーも一緒に連れてきました。

緑あふれる長瀞渓谷の絶景に、ダンボーもとても気持ちよさそうです。空気がとってもおいしい♪

長瀞渓谷 岩畳の新緑 ダンボーと一緒に初夏を楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町)

うんせ、ほいせ…この岩、人間にとっては何ともない岩ですが、小型のダンボーにはちょっとハードルが高かったようですw

長瀞渓谷 岩畳の新緑 ダンボーと一緒に初夏を楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町)

岩畳を登り切ったあとのこの達成感、たまりませんねー!ダンボー、やったねー♪

長瀞渓谷 岩畳の新緑 ダンボーと一緒に初夏を楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町)

お、また別の岩畳にチャレンジか!さっきよりも数倍難しいけど、大丈夫かー?ケガだけには気を付けておくれ…。

長瀞渓谷 岩畳の新緑 ダンボーと一緒に初夏を楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町)

埼玉県長瀞町、とっても素敵なところなんです!どうやらダンボーも気に入ってくれたようです。

長瀞渓谷 岩畳の新緑 ダンボーと一緒に初夏を楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町)

長瀞渓谷は空気がホント気持ち良くって、こんな感じで思わずぐーっと伸びたくなります!

長瀞渓谷 岩畳の新緑 ダンボーと一緒に初夏を楽しむ(撮影地:埼玉県長瀞町)

物撮りだけでなく、ポートレート撮影なんかも面白いですねー。

荒川橋梁(親鼻鉄橋)付近

上長瀞駅~親鼻駅に位置する荒川橋梁(通称:親鼻鉄橋)。鉄橋を渡る秩父鉄道線と新緑を収められる有名なスポットです。

お、急行「秩父路」がやってきました!これはシャッターチャンス!!

長瀞渓谷 親鼻鉄橋を渡る秩父鉄道線(急行秩父路号)と新緑

長瀞渓谷の新緑をバックに走るSLとか、最高ですよきっと!(撮影した日は祝日だったのですが、残念ながらSLは運休日…撮ったらまた紹介します)

おわりに

新緑あふれる長瀞渓谷、いかがでしたでしょうか。関東有数の自然あふれる絶景に、心が癒されることでしょう。

新緑の時期、ぜひカメラを片手に長瀞渓谷へお出かけしてみてはいかがでしょうか(*´∀`)

Link:長瀞町観光協会公式サイト | 埼玉の観光涼地 nagatoro

[custom-related-posts title=”関連記事” order_by=”title” order=”ASC” none_text=”None found”]